人妻や熟女との体験のほかに萌えた体験や衝撃の体験を収集しています 18歳未満は閲覧禁止です 

モテなかった俺が女の子とラブホに行ったが…(1)

某男子高校に通っていた俺は素敵な出会いがあるはずもなく、
ふつーに高校生活を送っていた。地元から都会の高校に出たため、中学の同級生は
誰もおらず、友達も少なかった。高2になった時、クラス替えで同じ路線で帰る友達
がクラスにできたぐらいで、女の子とはまるで縁のない高校生活だった。

モテなかった俺が女の子とラブホに行ったが…(2)

エリナが上で動いていたが、あまり気持ちいいものじゃな
かった。でも自分が突き上げるのはオナニーより気持ちよくて、
自分の上で喘いでるエリナが最高だった。
2〜3分で果ててしまったが、息子はまだまだマックスポジションだ。

モテなかった俺が女の子とラブホに行ったが…(3)

『かんぱーい!』宅飲みスタート。
飲めや飲めやでゲームしたり、罰ゲームしたりで楽しく飲んだ。
男連中はみんな酒強くて、弱いのは友Cとエリナ。
友Eは始めおとなしかったが、飲むに連れて陽気になっていた。
友Eがカパカパ飲むもんだから友Cとエリナも酒の餌食に。
友Cは潰れて部屋で寝てた。

訪問看護先で男の子に中出しされてきました

訪問看護の仕事を始めて3年になります。
私は32歳の女性ですが、毎日いろいろなお年寄りの
リハビリを家庭の出向いてやってます。
基本的に看護師なんですが、病院勤務から介護の部門に
配置転換され、最初はいやだったけど、今は逆にやりがいを感じています。

賭けにのったおかげで彼女を寝取られたまぬけな俺(1)

俺の方から口説き落として付き合いが始まり、一年になる彼女ヒトミがいる。
なのに、もう倦怠期、俺的には少し飽きがきている。
その彼女を以前からタイプだと言っていた知り合いの有二。こいつが俺達の事情を察知、ヒトミを譲れと言ってきた。モノじゃあるまいし。俺が考えあぐねていると、有二から提案があった。簡単な事。有二がヒトミを誘ってエッチまで行けたら別れて欲しいと。

賭けにのったおかげで彼女を寝取られたまぬけな俺(2)

暫く有二はゆっくり動いていたが、何となくしっくり来ないのか、「私、上になって良い?」と言ってたよ。勿論有二は二つ返事。
俺はヒトミの騎乗位が大好きだった。
とにかく、腰の使い方が最高にエロい。グラインドさせながら袋揉んだり乳首舐めてくれたりもしたなぁ。今思うと両手以上経験があるから納得だが…

賭けにのったおかげで彼女を寝取られたまぬけな俺(3)

「許すも許さないも、まず俺の話聞いてくれよ」
「……?」
「こないだ、有二にけしかけたのは俺だよ」
「……!…???」
目をまん丸くして穴が空きそうなほど俺を見つめていた。

介護士ですが、母親に頼まれて息子さんとSEXしちゃいました

ヘルパーの仕事を始めて、早3年が経ちました。
某介護事業所ですが、まだまだ小さく、私を含め、
6名ほどで運営されています。
社長はいつも営業に出ているのですが、現状では
なんとか黒字を続けてはいるようで、従業員も
家族的なつき合いをしています。

熟女ヘルパーさんのエプロン姿に欲情して頼んでみたら…

私は50歳になる体が少しだけ不自由な男です。
普段はパソコンで仕事をしていますが、これまで
結婚もしていないし、こんな体になることも
当然わかるわけないのですが、個人事業でずっと
仕事をしてきて、これからも1人で生きていかなければ
ならず、毎日の生活も大変なので、ヘルパーが週に3日
来てくれて、身の回りの世話をしてもらっています。

電車の中で触りまくって、ぼくの女にした母(1)

母を自分の女にしたいと思い始めたのは、ぼくが18の頃でした。
その時、母は42歳。
高校を卒業したが就職も進学もせず、予備校にも行ったり行かなかったりして、
アルバイトばかりしていたある日、バイトが休みだったぼくは居間でTVを見ていると…
母が床掃除をしに雑巾片手に部屋に入ってきました。

電車の中で触りまくって、ぼくの女にした母(2)

母も今日の痴○は、ぼくだとは気づかなかったようですし、ぼくも考えがもっとエスカレートしてきました。
次の日も同じ電車の車両に乗り込みましたが・・・例の女子高生も乗っています。
電車での痴○は、もうできないと、あきらめました。
もっと、違ういたずらを考えないといけないと、思いました。

電車の中で触りまくって、ぼくの女にした母(3)

「母がシャワーしているところが見える。」
浴室の扉はガラスなので、シャワーを浴びる母の姿が見えます。
しかし、ガラスが曇っていて、母の裸はうっすらと濡れた肌色が、うつる程度しかわかりません。それでも、ぼくは興奮しながら、母の裸がうつる浴室の扉を、じっとその場にたって、見ていました。

電車の中で触りまくって、ぼくの女にした母(4)

不思議な物で、失神してても濡れてくるものなんですね?
そして、キスしてみたくなり・・・キスしました。
気を失ってるせいか?
口を開ける事ができず、舌を絡めたりできませんでしたが、その光景を撮影することはできました。

電車の中で触りまくって、ぼくの女にした母(5)

・・きっと、ぼくの要求を受け入れてくれる・・・
・・いや、実際そんなこと起こるわけがない・・・
・・でも、もしかしたら・・・
こんな感じで、頭の中がグルグル回り、どこをどう走っていたのかあまり覚えていませんでした。

電車の中で触りまくって、ぼくの女にした母(6)

そして、父の帰宅。「おかえりー」2人で出迎えました。
食事をして父から風呂に入りました。
父がパソコンを使うと言ってました。こりゃまずいかな?と思ったら、母が
「調べ物あるから、お父さんのお風呂の間に使っとくね」との事でした。