エッチな告白★スッキリちゃんねる TOP  >   母親と息子 >  母親の体を求めてくる16歳の息子

母親の体を求めてくる16歳の息子

何故でしょう? 16歳の息子が私の身体を求めていると知ったとき、
すぐに決意してたくせに実行しなかったのは。
愛しくて恋しくて、もう私の全てといっていい息子ですから。
母性なのか異性としての愛なのか、整理はつかないけど
息子に愛されたいという想いは募ってました。
でも、やっぱりきっかけとか欲しかったんだと思います。

もう私を楽々と抱っこできるぐらい、大きくなってしまった息子。
そんな息子が2人だけの時、私に抱きついてきました。
そして「やっぱり母さんが好きだ。」と呟いたんです。
なんか彼女らしき存在が出来た息子。
聞いてみると「凄くいい子だよ。」と言われてジェラシーを感じた私。
胸をまさぐってきた息子に「うん、、もうくすぐったい!」
って言うとスカートをめくって脚を触ってきた息子。
「嫌!」思わず叫ぶと「ごめん。」って言って黙った息子。
それからはただ抱きしめてくるだけになりました。

夫がマザコンとからかう息子。
休日もヒマなら買い物だなんだと一緒について来てくれます。
夫は普段は口が悪いけど、すごく優しい人。
セックスは昔から淡白な方で、今でも月に2回求めてくれば
「どうしたの?」って聞いちゃうほど。
でも、凄く荒々しいというか激しいと言うか、おもわず私も
大きな声出して、夫に口をふさがれたり、、。
上手く言えませんけど、夫はパートナーであり、これからもずっと
一緒にいたい人。息子は恋人なんだけどいずれ別れなくてはならない存在。

去年は息子の高校受験を控えて行けなかった南の島。
毎年おなじとこだけど行ってました。
今年は行こうと計画してたら、おりしも今年の猛暑。
夫の会社は影響を受け、かなり忙しいみたい。おもったような日程で休めな
い。残念と思ってたら、「2人で行って来いよ。」と夫が。
まあ母親と2人でなんて思春期の息子は「普通」では嫌がると思います。

でも普通じゃないんですもの。
何もかも忘れて海で泳いで、ショッピングして、夜はお酒飲んでぼうっとす
る。なんて素敵。
 特にショッピングは思い切り楽しめる。一応海外旅行だからと予算をかける
ので、もう何を買おうかウキウキしてました。

お盆後はツアー代金が思い切り安いんです。
まあ、そしてホテルは古いもののなんと7日間で格安のツアーが。
夫が見つけ、これにすれば?って。「いいの?」「ゆっくりしてこいよ。」
夫は夫で、私達がいない間に悪い事しようと考えてるようで怪しかったけど、
そうしました。

そしてきっかけにするって決めた私。
夜11時近くの出発。飛行機はほぼ満席。
結局現地について、バスがホテルについたのは朝といっていい時間。
さっさとシャワーを浴びて寝ようという事に。
私が先に浴びました。
そして息子を待ってる時に、行っちゃえって思ったんです。
寝間着代わりのTシャツにパンティ。ちょっとエッチっぽいヤツ。
トランクス一枚で出てきた息子は私の姿に、驚きました。

「ほらこっち来て。」息子は仰向けに寝た私の胸を触りました。
「いいの?」と聞かれニコっと笑った私。
息子はあそこに指を当てると、指先で押すようにこすってきたんです。
「あ、、、ああ、、、」思わず脚を閉じたくなっちゃう。
「脱がして。」Tシャツは自分で脱ぎパンティは息子に。
しばらく好きに弄らせ、「イきたいの、イかせてくれる?」
と指で刺激するスポットを教授。
タオルを口で噛みながら声を抑えました。

やがて全身を震わせて達した私。
落ち着くと息子を裸にしてコンド-ムをつけさせ、受け入れました。
まあそろそろ大人になりつつあるペニスって感じです。
「なんかゆるいよ。」結ばれた余韻に浸ってる私に失礼な事を言った息子。
ヴァギナを締めると、「あ、いいイけそう!」と思い切り腰を打ちつけて来ま
した。まあ発展途上のペニスとは言え、硬くてけっこう感じるのです。
私も軽くイってしまいました。

結局、夕方まで愛し合っちゃってお買い物は夜に行きました。
まあ、だらだらとした毎日でしたけど、ずっと恋人気分を味わえました。
海にも行きました。海の中であそこに手を当てイタズラする息子。
あんまり夫はキスが好きじゃない。でも、息子は気に入ったようで
私の舌先をねぶってくれる。
夕方の海辺の散歩中何回キスしたことでしょう。
こうなっちゃって思ったことは、やっぱりセックスすると
意識が変わるって事。
もう男性として愛してるって分かっちゃいました。

夢のような日々を終え、今は何も考えず夫と息子。2人とのセックスを
楽しもうと思っています。
関連記事
[ 2017/03/20 ]  母親と息子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL